ドキュメンタリー映画『”記憶”と生きる』7月4日から公開

『記憶と生きる』チラシ表20年前に土井敏邦監督が韓国ソウルに渡り、「慰安婦」にされた女性6人を撮影した映画が公開されます。いまは故人となったハルモニたちの被害証言や日常の様子、被害を語ることや家族、国民基金への苦悩や葛藤が語られる貴重な記録になっています。ぜひ映画館でご覧下さい。また全国各地でも上映できるようご支援下さい。

 

———————————————————————————————————
「慰安婦」にされたハルモニたちのありのままの声と日常を映し出した
ドキュメンタリー映画『”記憶”と生きる』
7月4日(土)より渋谷アップリンクにて公開!
———————————————————————————————————

 

『沈黙を破る』(2009年度キネマ旬報文化映画ベストテン1位)や『異国に生きる—日本の中のビルマ人—』(2013年度同3位、文化庁映画賞文化記録映画優秀賞)で注目を浴びた土井敏邦監督の最新作『”記憶”と生きる』が、7月4日(土)より渋谷のアップリンクでいよいよ劇場公開となります。

アジア太平洋戦争下、「慰安婦」とされた6人のハルモニたち消せない記憶を記録した、3時半を越える長編ドキュメンタリーです。戦後70年の今年、あらためて「慰安婦」たちの”記憶″を辿るために完成した注目の映画です。

公開期間中は、多彩なゲストを交えてトークイベントも開催予定です。
上映スケジュールも含め、決まり次第アップさせていただきます。

この機会にたくさんの人に、ご覧いただきたいと考えておりますので、ぜひ情報の拡散をお願いいたします。

また、チラシ、ポスター配布にご協力いただける方は以下の問い合わせ
先までご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

==============

 

『”記憶”と生きる』
第一部 分かち合いの家 [124分]
第二部 姜徳景(カン・ドクキョン) [91分]

(土井敏邦監督/2015年/日本/215分)
(作品公式サイト http://www.doi-toshikuni.net/j/kioku/ )
(劇場サイト http://www.uplink.co.jp/movie/2015/37458 )

『記憶と生きる』チラシ裏

 

【日時】2015年7月4日(土)より
☆初日は土井敏邦監督による舞台挨拶あり

【劇場】渋谷アップリンク
JR・東京メトロ渋谷駅から徒歩10分
http://www.uplink.co.jp/info/map/

【料金】前売券1500円
当日一般1,800円、当日シニア・学生1,500円(平日学割¥1,100)、UPLINK会員¥1,300
※事前予約は6月6日(金)まで

 

****お問い合わせ・ご連絡先****
きろくびと
TEL: 070-5459-9205
e-mail:kiokutoikiru@gmail.com

Categorized: 未分類
111