3月7日緊急院内集会に寄せられた連帯メッセージその2ーテッサ・モーリス=スズキさん

連帯メッセージの続きです。ぜひお読み下さい。

 

◎ テッサ・モーリス=スズキさん(歴史学)から

Thank you all so much for your courage and perseverance in pursing this crucial issue of justice and historical responsibility. The world is watching, and it is the actions of people like you that give the rest of the world hope in the future of Japan. Here in Australia, we’ll be thinking about you today and wishing your symposium every success. We’ll also be thinking about the victims of the Japanese military’s wartime institutionalized sexual violence in many countries. We join you in calling on the Japanese government to give them justice and redress, and in seeking new ways to prevent violence against women in war everywhere.

Tessa Morris-Suzuki
Professor, Australian National University

 

【訳】正義と歴史的責任の、この決定的な問題を、追及し続けるあなたがたすべての勇気と忍耐に深く感謝しています。世界が見つめています。そしてあなたがたのような人々の行動こそ、世界の人々が日本の未来に希望を持てる理由です。ここオーストラリアでは今日、私たちがみなさんのことを思い、シンポジウムのあらゆる成功を願っています。今日、私たちはまた、日本軍の組織的性暴力による多くの国の被害者のことも思っています。私たちはあなたがたとともに、被害者に正義と補償を与えよと日本政府に呼びかけ、あらゆる場において女性に対する暴力を予防する新しい方法を追求しているのです。

テッサ・モーリス=スズキ
オーストラリア国立大学教授(歴史学)

Categorized: Blog , blog
111