河野談話後に発見された日本軍「慰安婦」関連公文書等 を公開(wam)

以下が、8月4日にアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)で公開されました。一足遅れましたが、ぜひご覧下さい。

********************

<転送・転載歓迎です!>

みなさま

2014年6月に東京で開かれた、第12回日本軍「慰安婦」問題の解決のためのアジア連帯会議がまとめ、政府に提出した500点以上の「河野官房長官談話後に発見された日本軍『慰安婦』関連公文書等」を、wamのウェブサイトに公開しました。

こちらからご覧ください。
http://wam-peace.org/koubunsho/index.html

この中には、1996年に内閣官房外政審議室が出した通達に基づき、河野談話後に「慰安婦」関連資料として政府が認めたものも一部含まれていますが、大多数は政府がいまだ「慰安婦」関連資料として認めていないものです。

これだけの重要な公文書が研究者・市民の手によって発見・公表されているにもかかわらず、2007年に第1次安倍政権が出した閣議決定は「河野談話までに発見された文書」のみに基づいて見解を発表するなど、日本政府は研究の発展を無視しています。そこで、アジア連帯会議に向けて、戦争責任資料センター、強制動員真相ネットワークとともにこれらの公文書の整理・とりまとめをしたwamは、ウェブサイトでこれらの資料を公開したいと作業を進めました。

今日は8月4日。ちょうど22年前の今日、河野官房長官の談話が発表されました。
それに合わせての今回のウェブサイト公開です。

ぜひ、広くまわりの人にもお知らせください。

Categorized: blog
111