3月7日緊急院内集会に寄せられた連帯メッセージその3ーアレクシス・ダッデンさん

海外からの連帯メッセージの続きです。ぜひお読み下さい。

 

◎アレクシス・ダッデンさん(歴史学)

The tireless efforts of Professors Yoshimi Yoshiaki and Hayashi Hirofumi continue to display the best kind of objective, rational historical research. These scholars have followed the documents, and they have allowed evidence to raise the questions that must be analyzed. Together with activists and writers such as Nishino Rumiko-san and her colleagues at the Violence Against Women Research Action Center, Japanese citizens demonstrate that their current leadership is not representing the diverse will of its people.

Japanese scholars and activists working in collaboration with others throughout Asia and Oceania make the facts of Japan’s history of wartime militarized sexual slavery known to the international community at large. All of us endeavoring to create a future in which such atrocities are a thing of the past are grateful for their work. A majority of Japanese recognize and believe this, and at its core remain this particular history’s few surviving victims. The evidence demonstrates the truth of the matter, and these people deserve the dignity of being fully believed before they die.

Thank you again for your work to make this happen.

Alexis Dudden
University of Connecticut

 

【訳】吉見義明、林博史両教授の不断の努力は、客観的で合理的な歴史研究の最善の実例を示し続けています。お二人は文書を追い続け、分析されるべき幾つもの疑問点を、証拠によって洗い出してきました。お二人やVAWWRACの西野瑠美子さんなどジャーナリストや市民運動家の方々など、日本の市民の皆さんが、現在の日本政府は日本の人々の多様な意思を代表してはいないことを示しています。

日本の学者・市民運動家のみなさんは、アジアと太平洋沿岸全域の人々と協働して、戦時中の日本軍性奴隷制の事実関係を国際社会に伝えています。そうした残虐行為が過去の出来事となるよう努力するわたしたちはすべて、日本のそうした方々の努力に感謝しています。日本人の大半はこのことをご存じですし、この問題の根底には、歴史のあの部分を生き抜いた被害者の方々がおられます。証拠が真実を示していますし、彼女たちは、存命中にそのことばを完全に信頼されるという尊厳を得てしかるべき人たちなのです。

その実現にみなさんが力を尽くしてくださっていることに感謝しています。

アレクシス・ダッデン
コネティカット大学教授(歴史学)

Categorized: 未分類
111